オスマントルコの大砲の弾
(Turkenkugel)


中央・東ヨーロッパはモンゴル、フン族、オスマントルコなど多くの民族の侵略や通り道になった。ウィーンを包囲したオスマントルコ軍が打ち込んだ砲弾が、あちこちの街角に保存されている。西ヨーロッパでは感じられないアジアへの道を感じる。

左はアムホーフ広場、右はホーアーマルクトから北へ入り組んだ路地にある。

グリーヒェンバイスルのエントランスにもあった。


イスタンブールはこちらです。


戻る