僕たちがよく行く神戸の喫茶店

僕たちは毎月一度、三宮・元町あたりを散策します。その時によく行く喫茶店の紹介です。


にしむら珈琲

 神戸を代表する宮水コーヒー店。昔ここのコーヒーはアイスは大きく厚いグラスに、ホットも厚手の大きなマグに入っており、おいしいだけでなく飲み応えがあった。アイスコーヒーにはあらかじめ甘味が入っていた。神戸市内各地に支店がある。最近は昔風の地元の喫茶店は、スタバをはじめとするコーヒーチェーン店に押されて苦しいかもしれない。




本店。今は昔の形を残しながら大きなビルに変わっている。
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|


蔦の絡まる北野坂店は当初会員制だった。現在はディナーのサービスもある。


G線 (閉店)

 僕たちが学生の頃によく行った三宮の喫茶室の付いたケーキ屋さん(コンディトライ)。ずっと昔に移転してしまった。当時としてすばらしく斬新なデザインのお店だった。ケーキをテーブルまで運んできて客に選択させる方式を初めて見たのもここだった。何もかもおしゃれな店だった。
当時の三宮のお店の様子は上のサイトの中のこのページで見えます僕たちにはとても懐かしいです。


アンリ・シャルパンティエ

 今は全国にあるが、僕たちが学生の頃は阪神芦屋駅近くのお店だけだった。家内と一緒に初めて「クレープというもの」を食べたのもこの店だった。一見しゃれた名前だが英語で言えばヘンリー・カーペンターと言うことなんでしょうね?下左の写真は古い芦屋のお店のマッチです。下右は芦屋のお店でクレープシュゼットを頂いているところです。

 追記:アンリ・シャルパンティエの名前は、クレープ・シュゼットを創作したフランスの料理人の名前だそうです。


サンパウロ

 北野にある程よく小さくて可愛い喫茶店。無口なマスターがおいしいコーヒーをいれてくれる。オーナーの「趣味・好み」がお店全体の構造からディテールに至るまで徹底されている。それが心地よい人には心地よい。アイスコーヒーの入れ物が素敵です。このすぐ下がル・フェドラ、さらに下がるとル・セットがある。この辺りは異人館や住宅の中に、おしゃれなお店やおいしいお店が散在している。

Mokuba's Tavern (木馬)

 
トーアロードにあるジャズ喫茶。といっても昔のオタクや馴染み以外お断りといった敷居の高いジャズ喫茶ではありません。音楽好きだったら誰でも気楽に入れます。もちろん、音楽好きでなくてもOK!。優しそうなマスターがいます。大がかりなオーディオ装置や古いLPレコードのコレクションがあります。時々、ライブもあるようです。家内の後ろにあるLPは右側が Bud Powell の 「The Scene Changes」です。このアルバムの最初の曲「Cleopatra's Dream」がとてもいいです。バド・パウエルはピアノを弾きながら歌い、うめいています。線の太いたくましい演奏です。このアルバムの写真は子供と一緒に写っているますが、彼の息子さんらしいです。左側のLPは Sony Clark の「Cool struttin'」です。これも大好きで、特にアルバム名の「Cool struttin'」はとても良いです。真中のアルバムは顔がサラ・ヴォーンだと思うのですが、僕にはわかりません。一度、お酒を飲みながらゆっくりジャズを聴きたい店です。(追記)という事で近くで夕食後お酒を飲みに行きました。昼間より少しにぎやかにジャズがかかっています。

Jam Jam
 元町にある本格的なジャズ喫茶。神戸牛の老舗、森谷商店のすぐ裏のビルの地下一階にある。店内は広く昼寝ができるほどゆったりとしたソファが置かれている。ソファとソファの間も広い。照明も落としてあるのでじっくりとジャズを聴きこむことができる。前方のスピーカーに近い方は私語禁止で明らかにマニアと思われる人たちが熱心に聞き入っている。膨大な量のLPレコードのコレクションがある。なぜかトイレがコミュニティ空間になっている。


EVIAN coffee shop

 元町駅から元町商店街に向かう路地にあります。1952年の創業だそうです。木質の内装で、レトロな感じです。なんか素敵な中年で白髪のマスターが珈琲をいれてくれます。神戸で初めてサイフォンでコーヒーを提供した店でもあるそうです。

どん底

 センタープラザ東館地下1階のそれも奥まったところにあります。昔懐かしい「洋酒喫茶」と言うジャンルにあたるそうです。玄関(左の写真)を見てください。まずとても入りにくい店です。でも思い切って入っていくとそこには不思議な世界が広がっています。映画や舞台のサイン入りポスターが沢山、貼ってあります。店名はゴーリキーの戯曲からとった名前だそうです。何か、新宿ゴールデン街の文化人バー的雰囲気があります。家内は学生の頃、今とは別のところにあったお店へ友達に連れてきてもらったことがあるそうです。という事は昭和40年代にはもうあったという事になります(ネットで調べると昭和30年からやっておられるようです)。

 お昼は弁当持込可?だそうです。ハイボールを頼んだらおかきが付いてきました。近くの席に一人で来ていた若い女の子は初めから終わりまで漫画本に打ち込んでいました。不思議なお洋服を着た年齢不詳の不思議なママさんがいます。ウーーン、
とにかく謎だらけのお店です。 


カフェ ネスカフェ 三宮店

 ビル街の真ん中にあるガラス張りの素敵なカフェです。ネスレ日本の本社はこの直営店のすぐ横にあります。東京原宿にもカフェ ネスカフェはあるそうです。神戸はネスレ、UCC、上島珈琲など珈琲のお店が多いのです。
2013年12月1日追記:ネスレがスポンサーのBSフジ「原宿ブックカフェ」はコーヒー好き・本好きには素敵な番組です。


ベルティエ(Cafe Berthier) (閉店)

 トーア・ロードに面した一戸建てのかわいい喫茶店。ちょっと見は「狭いテーブルと小さな椅子、それにおしゃれなギャルソン」という今風のカフェを想像するけど、中はきっちりとしたレトロ風な喫茶店。スペースもゆったりとして静か。おじさん・おばさんも気兼ねせずゆったりと時間が過ごせます。追記:つぶれて高層マンションになってしまった。



GINO (閉店)

 ポールスチュアートの裏で、素敵な並木通りに面したイタリアン・オープンカフェ。テラスでは小鳥のさえずりも聞こえる。以前は同名のイタリア料理店で、ランチを食べに来たことがあるが、結構おいしかった。前の道路は駐車可(パーキングメータ)で、車を止めてブランチをする人も見かけます。セルフサービスです。最近前を通ったら工事をしていた。どうやら別の店になるらしい。→2005年8月28日、バールからケーキ屋さん(コンディトライ)になっていた。店の名前も変わっていた。

美侑 (閉店)
 ということで、2005年9月、左のGINOは真っ白で清潔感あふれる素敵なケーキ屋さんに変身していた。



大丸神戸店の喫茶店

カフェラ

イタリア風オープンカフェ(カフェテリア)です。カフェがイタリア風なだけでなく、通りがイタリアのアーケード風の建築になっています。雰囲気がとても良い。

モロゾフ
分類上はサロン・ド・テです。写真は大丸店です。大丸店は昔、一階の北側にありました。それから何度か移転して今は眺めの良い上層階にあります。モロゾフは昔から何を食べてもおいしい。米子にも支店があります。
ジーニアス・カフェ
大丸南側で若者ブランドが集まるジーニアスギャラリー一階にある。お天気の日はテラス席もあり、軽食もとれます。シフォンケーキがおいしかった。最近改装されたようでもう無くなっているかもしれません。
追記、改装(エレベーターがついた)に伴って二階に引っ越したようです。一階のロケーションの方がずっと良かった。ちょっと特別なファッションビルだって言う感じがしたのに、普通のショップ・イン・ショップの店と何ら変わらなくなってしまった。カフェラと差別化したのかな?ちょっと残念。
ヴィタメール

2Fにある。ベルギーのチョコレートショップ。チョコレートケーキがとってもおいしい。



ケーキ屋さんやパン屋さんetc

フリュティエ・コムシノア
 レストランのケーキ屋さんです。元町通りをかなり西に向かっていって下さい。ホームメード感覚のケーキです。最近若者は三宮周辺に集まるようになり、この辺りを歩く人の平均年齢はかなり高くなってきたようです。
パティスリ・グレゴリー・コレ

 コムシノアのやや東側にあります。ケーキの姿形の美しさにこだわるのならこちらです。

DONQ (ドンク)

神戸の人なら誰でも知っているパン屋さん。「さんちか」には昔から喫茶店がある。調べてみると「ヴィエノワズリーカフェ・ドンク 」という名前らしい。ここには多分パンは売ってないと思います。
ケーニヒスクローネ

王様のクローネは「パンなのであろうか、それともパイなのであろうか?」それが問題なのです!!ここの熊さんマークはファミリアの熊さんと並んでとても可愛い神戸の熊さんです。昔から阪急六甲にお店がありました。


コスモポリタン (閉店)
モロゾフやゴンチャロフと並んで古くから神戸にあるロシア系チョコレートショップ。神戸にはロシア革命を逃れて亡命したロシア人が多く住み着いた。だいぶ前には奥さん(モロゾフさん)がお店に出ておられる姿をよく見ることが出来た。写真は冷たいチョコレートです。神戸のお嬢様が行くお店ですね。
08年6月追記:残念なことに閉店したようです。

カフェッサ 三宮花時計駅前店

海岸線の地下鉄の改札の前にある。ホットドッグやサンドイッチがおいしい。UCCの系列店です。


スターバックスコーヒー

 神戸でよく行くスターバックスは中華街入り口で大丸の向かいにある神戸旧居留地店と、三宮国際会館の地下にある店です。特にお気に入りが写真の旧居留地店で、お店が広くてその分テーブルとテーブルの間が広く、椅子の選択肢も広いです。スタバにしては静かで全体にゆったりしていますので、気分もおだやかになります。

スターバックスコーヒー (その二)

平成25年7月記:最近、日曜日の朝の散歩コースが三宮から北野に上がり、鯉川筋から大丸を目指すルートになった。このため、最後にこのスタバ(神戸元町駅前店)によることが多いのです。
スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店

北野坂に面した異人館を一軒そのまま利用したスターバックスです。登録有形文化財に指定されています。
マグカップなど神戸をデザインしたものが売っています。夜景もきれいです。

おいしいものと海外旅行情報に戻る